2013年05月21日

甲信越(篆刻)試作

皆さんはどう思われたか分かりませんが、
握刀法で「関東」と彫った篆刻、
自分では悪くないと思ってまして、
今度は3文字で彫ってみようと思いました。
関東ときたら、「甲信越」ですが・・・

koushinetsu01.jpg


あー、ふたつ彫ってみたけど、全然ダメだなぁ。

普通は線の両側を彫るんで、
一つの線を彫るのに2回彫るんですけど、
やはり線を一回で彫るのは難しい。

おまけに3文字だとどうしても構成が作意的にならざるを得ないので、いやらしさが出ちゃってます。


posted by 上野雄一 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 甲信越(篆刻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月20日

篆刻の彫り方

こども商店というイベントで篆刻を体験してもらった時、
改めて篆刻の彫り方を意識しました。

自分では意識しないうちに、自分なりの彫り方になっていたのですが、
独学ではじめた当初は、入門書に載っている彫り方を色々試していたのを思い出しました。

しかし、改めて他人の彫り方を目にするまで、
自分ではどう彫っているのかはあまり意識しなくなっていました。

で、改めて書籍を読み返してみると、
印刀の持ち方は主に3種類あるそうで、
私は主に双鈎法です。
touhou1.jpg
印刀の上に人差し指と中指の2本をかける持ち方で、お箸の持ち方に近いですかね。
刀を手前に引いて彫ります。
今は篆刻台も使いません。
印材を直接手に持ったほうが楽に彫れると思います。
楽なので、この彫り方になりました。

次に単鈎法です。
touhou2.jpg
双鈎法に似ていますが、中指が印刀の下にきます。
鉛筆の持ち方に近いと思います。
子供たちはこれに落ち着いたようでした。
おそらく篆刻台を使うと、これがしっくりくるのだと思います。
主に押して彫ると思いますが、
押し刀で長い線を彫ると、刀が抜けやすいのと、
曲線が彫りにくい気がします。

そして、もう一つ、握刀法です。
touhou3.jpg
ガッチリ持ちです。
力が入るのですが、逆にコントロールが難しかったので、これはしばらく使っていませんでした。
特に初心者はやらないほうが賢明だと思います。

自分だけでやっていると、改めて彫り方を考えたりしないので、
いいきっかけになりました。

posted by 上野雄一 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

山田正平のお墓

運転免許更新のため府中試験場に来た。
なかなか一人になることが少ないので、ついでに向かいの多摩霊園ヘ。

目的は山田正平のお墓。
一般のかたは誰だかわからないと思いますが、すごい篆刻家です。

篆刻家としても異彩を放っていましたが、お墓もしかりです。

前面には作品が刻されています。
posted by 上野雄一 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

例え太陽を黒く塗っても2

オリンピック招致と相まってか、どこにでも出没する国体のイメージキャラクターゆりーとくん。
息子の保育園にも来たみたいで塗り絵をもらって来た。

でやってみたのがこれ。



乙武洋匡さんが子育てについて、例え子供が太陽を黒く塗っても止めたくない、とおっしゃっていましたが、まさかゆりーとくんも黒くされるとは思ってなかったでしょう。笑

と言うか白いキャラクターの塗り絵って・・・
posted by 上野雄一 at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ以外の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

関東(篆刻)印影

kantou03.jpg
関東(篆刻)15mm角。
posted by 上野雄一 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東(篆刻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

関東(篆刻)完成

がりガリッとやって完成。
字入れ含めて5分か10分だと思います。
印稿書きもしていません。
念のため字書で字形と字源を確認するほうが時間がかかっていると思います。
kantou02.jpg
posted by 上野雄一 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東(篆刻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

関東(篆刻)

先月は死ぬほど忙しくて、といっても、他店のように沢山のご注文があるわけではないのですが、なにぶん手仕事を一人でやっているので、仕事がさばけず、お客様にも納期でご迷惑をおかけしてしまいました。すみませんでした。
なんとか仕事は落ち着いてまいりました。
当店はブログを含めて検索してもなかなか出てこないので、なぜネットから注文があるのか不思議ですが、色々検索してたどり着いてきて下さるんですね。本当にありがたいことです。

それから忙しい合間に地域の「こども商店」というイベントにも参加させていただき、初めてのことで正直反省ばかりですが、収穫もあって、篆刻体験は道具さえ用意できれば、これからも出来そうだなと思っています。

また、こども達の彫り方を見て、少し自分の彫り方も見直してみたいとも思ったのです。
こども達の印刀の使い方や彫った線を見て、やはり不作為のよさを感じたのです。

また、この前に彫った「東北」の線を見て、ガッシリ持ち(握刀法)で篆書を彫ってみようを思ったのです。

彫る文字は「東北」ときたので「関東」を。
字入れです。

kantou01.jpg

不作為を目指したので、ただガイドとして線をひっぱっただけです。

posted by 上野雄一 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東(篆刻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

東北(篆刻)

3.11からは少し経ってしまいましたが、東北に思いを込めて。
touhoku01.jpg
字入れ一発、修正なし。

touhoku02.jpg
普段は鉛筆を持つように印刀を持って彫りますが、
左利きでその持ち方だと、側款や楷行草が彫れません。
そういう時だけこのようにガッシリ持ちで彫ります。
(私、書くのは右、彫るのは左なのです)

touhoku03.jpg
完成。補刀は2ヶ所だけしました。

touhoku04.jpg

東北の為に何かとか、なかなか出来てない・・・
せめて今年は東北旅行にでも行きたいですね。
posted by 上野雄一 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北(篆刻) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

こども商店

今日は「こども商店」という商店会のイベントに参加させてもらいました。
小金井の子供にお店の仕事体験をしてもらおうというイベント。

昨年の様子
http://k-streetpower.blogspot.jp/2012/03/blog-post.html

うちは初参戦ですが、小学3年と4年の女の子にきてもらいました。
主にやってもらったのは篆刻体験。
小さいお子さんだったので、どのくらい出来るか不安でしたが、どっこい。
こんな具合よ。

まずは3年生(この春で4年)の作品。
shou3.jpg

どうですか、このクォリティー!
撃辺は私がやりましたが、
字入れから全部1人ですよ。
補刀もしていません。

そして4年生(この春5年生)
shou4.jpg

大人にやらせてもこれだけ出来るかどうか・・・
すごいでしょ?

それより人に教えるなんて初めてのことで、
楽しんでもらえたかどうか・・・
私の店のクォリティーが問題です。
posted by 上野雄一 at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月15日

山田彩人(篆書)印影(仕上げなし)

一切仕上げをしていない印影。
yamada_ayato25.jpg

仕上げたほうが多少シャープさが出ますが、
仕上げなくても印象は大して変わりません。
むしろ自然な感じがしますね。
posted by 上野雄一 at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田彩人(篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。