2010年12月29日

河野裕子(草書)印影

kawano_yuko18.jpg
河野裕子、13.5mm、草書。

河野裕子さんは最初に紹介した代表作をはじめ
若々しい短歌が素晴らしいですが、
結婚、子育て、母親の介護、自身の乳がんなど
女性が向き合う事柄を歌にしてきました。

しつかりと飯を食はせて陽にあてしふとんにくるみて寝かす仕合せ

いい嫁でいい子でいい母いい妻であらうとし過ぎた わたしが壊れる

大泣きをしてゐるところへ帰りきてあなたは黙つて背を撫でくるる

ご興味を持っていただいたら歌集を読んでみてください。


posted by 上野雄一 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

河野裕子(草書)完成

kawano_yuko17.jpg
完成です。印影は明日までお待ち下さい。

店は明日から休みになります。
皆様のお陰で無事に年を越すことが出来ました。
本当にありがとうございました。
ブログは年末年始も更新していきますので、
これからもよろしくお願い致します。
posted by 上野雄一 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

河野裕子(草書)仕上げ

kawano_yuko16.jpg
「河野」だけ仕上げした状態。
posted by 上野雄一 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

2010年12月25日

河野裕子(草書)粗彫り

メリークリスマス!
私は家族で外食するくらいですが、
今年もこうしてハンコを彫っていられることに感謝しつつ、
ハンコを彫っています。
kawano_yuko14.jpg
posted by 上野雄一 at 18:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

河野裕子(草書)字入れ終了

当たり前ですが、クリスマスイヴもハンコ彫り。笑
河野裕子さんは字入れが終わったところです。
kawano_yuko13.jpg
posted by 上野雄一 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

河野裕子(草書)字入れ

kawano_yuko12.jpg
楷・行・草書の鏡文字は、バランスがとりにくいです。
posted by 上野雄一 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

河野裕子(草書)字割り

草書で彫ることにしました。
kawano_yuko11.jpg
字割りしたところです。
posted by 上野雄一 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

河野裕子(草書古印体)印稿

先日紹介した歌、普通はもっと軽やかな印象かもしれません。
こんな具合に

だれでもいいの、
例えばあなた。
私をどこかに連れ去ってくれない?
舞い上がる落葉とともに・・・

え?
分かってますよ、気持ち悪いのは。怒
下書きです。

kawano_yuko2.gif

草書を古印体風にした書体です。
posted by 上野雄一 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

河野裕子(草書)印稿

昨日の記事、

知人に気持ち悪いと言われました。

悔しいことに言い返せませんでした。


めげずに下書きです。笑

kawano_yuko1.gif

草書で書いてみました。
posted by 上野雄一 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

河野裕子

「たとへば君 ガサッと落葉すくふやうに私をさらつて行つてはくれぬか」

この短歌を見たとき、胸の奥をスッとつかまれた気がしました。
思わず身構えてしまったのです。
臆病であることをみすかされたような締め付けられる思い。

落葉をすくうように手を差し出せたなら・・・

そんなことを恋愛経験もなく短歌も知らない私にさえ思わせてしまう歌。
少し前ですが、この歌を詠んだ歌人の河野裕子さんがお亡くなりになりました。
今月は哀悼の意を込めて河野裕子さんのお名前を彫刻します。
posted by 上野雄一 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 河野裕子(草書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。