2009年09月26日

SCOTOMA(スコトマ)/nil(ニル)

はんことは全く関係ないんですけど、先月紹介した同窓生がやってるバンドのニューアルバムが出ました。
多分このブログご覧になってる方には全く興味がないと思われますが、せっかくなんで紹介しておきます。


スコトマ(DVD付)


ジャケットは完全にパンク。
サウンドもパンクによってきてる。
元々もっと普通のロックっぽい感じだったし、哲の土台も80年代の洋楽からメタルだと思うけど、他のメンバーの影響だろうか。

それはさておき、聴いた感想はお世辞抜きに格好いい。
まだ聞き込んでないけど、特に「LONGING LONG」と「PUBLIC ENEMY NO.1」がいい。

5曲目の「LONGING LONG」は哲らしいメロディアスな曲でシングルでも売れそうな感じ。ただ今までと少し雰囲気が違うのは、内に籠もる感じ一辺倒じゃなく、抜け感みたいなものがあって、重低音サウンドにもかかわらず、爽やかささえ感じる。これはこの曲だけじゃなくてアルバム全体に言えることかも。

抜け感といえば8曲目の「PUBLIC ENEMY NO.1」
説明不要のライブナンバー。突き抜けてる。

と、他にもカッコイイ曲が詰まってるんですが、最後に「私に任せてよ」ってだけ延々と繰り返すだけのナメた曲が、気付くと頭の中ぐるぐる回ってて腹立たしいです(笑)

ネットでは色んな所で試聴出来ますので、ロックが好きな人はぜひ聴いてみてください。

あと、このアルバムはファンを集めての公開レコーディングという珍しい方法だったみたいですが、その模様を収めたおまけのDVDがいい出来。これ見るだけでも楽しい。


posted by 上野雄一 at 13:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

高野哲(小篆)印影



哲、小篆風、12mm。



一文字の見本としてまず小篆風で彫りました。

なかなかいい感じじゃないでしょうか。



最初に書いたけど、高野哲は小中学校の同級生で、ミュージシャン。

今はnil(ニル)という3人組バンドのボーカル&ギターです。

卒業してからは同窓会で2、3回会っただけだけど、陰ながらCD買ったりしてます。

小学5、6年の時、同じクラスだったけど、この頃からもう洋楽とか好きだった記憶がある。それからずっと音楽を続けてるんだから、すごいね。

2009.09.16にニューアルバム「スコトマ」が発売されるので、ハードロックとか好きな人はぜひ。
posted by 上野雄一 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野哲(小篆)完成

posted by 上野雄一 at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高野哲(小篆)仕上げ

posted by 上野雄一 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

高野哲(小篆)墨打ち



仕上げ前に、墨を打ち直します。
posted by 上野雄一 at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月27日

高野哲(小篆)粗彫り終了



粗彫りが終わりました。
posted by 上野雄一 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月25日

高野哲(小篆)粗彫り

posted by 上野雄一 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

高野哲(小篆)字入れ終了

posted by 上野雄一 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

高野哲(小篆)字入れ

posted by 上野雄一 at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

高野哲(小篆)印稿



今度は小篆で書いてみました。

1文字というのも文字によってはバランス取りにくい場合があるんですけど、「哲」は割りと四角い字なので、上手く収まってくれました。

1文字は初めてなので、この小篆で彫りましょう。
posted by 上野雄一 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

高野哲(印篆)印稿

先月、同級生の話をしたので、今月は同級生の名前を彫ります。

もちろん一般人ではありません。

小中学校の同級生にロックミュージシャンがいます。



高野哲という男で、今はnil(ニル)というバンドのギターボーカルです。

世間的な知名度はないかもしれませんが、バンド好きな人には結構知られています。

クロマニヨンズのベースがいるバンドと言ったら哲に失礼かな。



高野哲はもともとマリスミゼルといういわゆるビジュアル系バンドのボーカルだったためか、女性ファンが多いんですけど、今のnilは見た目にもサウンドにもその面影はほとんどありません。半裏声みたいな歌い方に少し名残があるかな。今は結構ゴリゴリ爆音サウンド。ただバラードにもいい曲が多いみたい。前のZIGZOというバンド時代のほうが売れてたみたいだけど、個人的には今のほうが好き。

ちょうど来月ニューアルバムが発売されるそうです。

nil公式ページ



ジャンル分けって難しいけど、nilは簡単に言うとハードロックって感じでしょうか。

興味のある方はぜひ聞いてみてください。

アマゾンで視聴できます。(爆音系多いので注意)

nil CDリスト(アマゾン)

お薦め曲は現最新アルバム「マルチネス」の6曲目「たから」。

うるさいバンドサウンドが苦手の方は、古いけど「さよならダヴィンチ」というアルバムがバラードが多く、やや聴きやすいと思います。

追記:今はスコトマが最新アルバムです。(個人的にはベストよりもお薦め)



で、彫るのは「哲」の1文字。

今まで1文字の名前を彫ってなかったのでちょうどいいです。



まずはオーソドックスに印篆で書いてみました。
posted by 上野雄一 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 哲(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。