2008年09月24日

由岐子(隷書)捺印

上野由岐子(隷書)捺印

由岐子、13.5mm、隷書。



隷書の一番の特徴は大きなハライです。

字を四角く書いたほうが、バランスを取りやすいので、

実用印ではあまりハライを強調して書かないことが多いですが、

特に「岐」のハライが見せ所で、なおかつ枠にぶつかる部分にハライがないので、ハライを大きく書きました。



逆に「由」の字がそうなのですが、ハライのない字の場合は、

隷書の一番の特徴がないので、なんの書体だか分からなくなってしまいます。

例えば「田口」さんという名前は隷書に向かないですね。


posted by 上野雄一 at 10:30| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

由岐子(隷書)完成

上野由岐子(隷書)完成
posted by 上野雄一 at 16:09| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

由岐子(隷書)仕上げ2

上野由岐子(隷書)仕上げ2

仕上げをアップで撮った写真です。

「由」だけ仕上げしてあるのが分かるでしょうか。
posted by 上野雄一 at 17:26| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

由岐子(隷書)仕上げ1

上野由岐子(隷書)仕上げ
posted by 上野雄一 at 18:25| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

由岐子(隷書)墨打ち後

上野由岐子(隷書)仕上げ前

墨を打ち直したところ、仕上げの前の状態です。
posted by 上野雄一 at 13:21| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

由岐子(隷書)墨打ち

上野由岐子(隷書)墨打ち

仕上げのためにもう一度墨を均一に打ちます。
posted by 上野雄一 at 10:33| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

由岐子(隷書)面磨り後

上野由岐子(隷書)面磨り後

墨を落とした状態です。
posted by 上野雄一 at 17:53| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

由岐子(隷書)面磨り

上野由岐子(隷書)面磨り

粗彫りが終わったら、やすりで墨を落とします。
posted by 上野雄一 at 15:37| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

由岐子(隷書)粗彫り2

上野由岐子(隷書)粗彫り2

残った広い部分を彫ってます。
posted by 上野雄一 at 18:58| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

由岐子(隷書)粗彫り1

上野由岐子(隷書)粗彫り1

枠に沿って彫ったら、文字を彫り始めます。
posted by 上野雄一 at 18:36| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

由岐子(隷書)字入れ完成

上野由岐子(隷書)字入れ2

字入れが終わったところです。

結局一番目の印稿を基に書きました。

3文字というのはバランスが難しいので、少し時間がかかってしまいました。
posted by 上野雄一 at 18:26| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月10日

由岐子(隷書)字入れ開始

由岐子(隷書)字入れ開始

字入れです。少し引いて撮ってみました。
posted by 上野雄一 at 19:31| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

由岐子(隷書)印稿3

由岐子(隷書古印体)印稿

もう少し古印体よりに書いてみました。

むしろ古印体と言ったほうがいいくらいですね。
posted by 上野雄一 at 19:16| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

由岐子(隷書)印稿2

由岐子(隷書)印稿2

少しですが、丸みを帯びた感じにして書いてみました。

隷書古印体というイメージです。
posted by 上野雄一 at 16:47| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

由岐子(隷書)印稿1

今回はソフトボールの上野由岐子投手を彫ります。

同姓ということで、前から気になっていましたが、オリンピックで大活躍でしたね。

特に三位を決めるオーストラリア戦は、見てる私のほうが疲れてしまいましたが、黙々と投げてましたね。すごい。






さて「上野」は私の名前でもう彫ってますので、名前の「由岐子」を彫ります。

書体は隷書にしました。隷書の特徴は扁平ぎみの字形と大きなハライです。

まだ彫ってない書体ですし、隷書は扁平ぎみの文字なので、3文字でもあまり潰れた印象にならないのが理由です。



まず試しに紙に書いてみました。

由岐子(隷書)印稿1


posted by 上野雄一 at 18:56| Comment(0) | 由岐子(隷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。