2008年04月28日

島耕作(行書古印体)印影

島耕作(行書古印体)印影

島耕作、15mm丸、行書古印体。



行書は、少し流すように書いた書体です。

古印体は、古い印鑑のような雰囲気を表現した書体です。

ふつう古印体は、隷書をもとにして書くことが多いですが、

それを行書で書きました。



この書体を選んだのは、姓と名が1字と2字、というのが大きいです。

隷書はもともと扁平ぎみの書体ですので、縦長には使わない方が無難です。

古印体は、必ずしもその限りではありませんが、

「耕作」がわりと画数が多いので、「島」が間延びしそうな感じがします。

そのような場合、行書古印体、草書古印体は、有効なことが多いです。



姓名が1字と2字の場合、もちろん篆書系の書体は無難ですが、

この書体も面白いと思います。


posted by 上野雄一 at 11:35| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

島耕作(行書古印体)完成

島耕作(行書古印体)完成

後で試し押しをして、多少修正しますが、取り合えず完成です。
posted by 上野雄一 at 11:12| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

島耕作(行書古印体)仕上げ

島耕作(行書古印体)仕上げ

仕上げ刀で全体的に彫り残しをとり、

とこどどころバランスを直したり、

太細の強弱をつけたりして、修正していきます。



写真は「耕作」だけ仕上げていますが、

「島」より線が細くなっているのが分かるでしょうか。
posted by 上野雄一 at 09:27| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

島耕作(行書古印体)仕上げ前

島耕作(行書古印体)墨打ち後

一度印面の墨を紙やすりで落として、墨を打ち直した状態です。
posted by 上野雄一 at 10:55| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

島耕作(行書古印体)粗彫り終了

島耕作(行書古印体)粗彫り終了

粗彫りが終わりました。
posted by 上野雄一 at 22:10| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

島耕作(行書古印体)粗彫り3

島耕作(行書古印体)粗彫り3

「作」を彫っているところです。

字の周りを彫り終わったら、残った朱色の部分を彫ります。
posted by 上野雄一 at 16:39| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

島耕作(行書古印体)粗彫り2

島耕作(行書古印体)粗彫り2

「島」だけ彫った状態です。
posted by 上野雄一 at 20:27| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

島耕作(行書古印体)粗彫り開始

島耕作(行書古印体)粗彫り1

まずは枠に沿って彫り始めます。
posted by 上野雄一 at 19:00| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

島耕作(行書古印体)字入れ終了

島耕作(行書古印体)字入れ4

字入れが終わりました。
posted by 上野雄一 at 19:13| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

島耕作(行書古印体)字入れ3

島耕作(行書古印体)字入れ3

まず線のあたりをとる感じで一通り書いたところです。

この後、修正しながら線を肉付けします。
posted by 上野雄一 at 18:42| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

島耕作(行書古印体)字入れ2

島耕作(行書古印体)字入れ2

下書きを見ながら、逆さに書いていきます。
posted by 上野雄一 at 19:40| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

島耕作(行書古印体)字入れ1

島耕作(行書古印体)字入れ

まだ彫ったことのない書体のほうがいいと思って、

印稿2の行書古印体で彫ることにしました。



まず最初に書いているのは、「耕」の最終画です。

この線がほぼ中心でまっすぐなので、

目安にしやすいと思って、この線から書き始めました。
posted by 上野雄一 at 19:44| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

島耕作印稿2(行書古印体)

島耕作印稿(行書古印体)

もう一つ印稿書きです。

古印体は古い印鑑のような雰囲気を出す書体ですが、

それを行書で書いてみました。
posted by 上野雄一 at 16:18| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

島耕作(小篆風)印稿1

新聞を見ていたら、少し変わったニュースが目に留まりました。



島耕作、社長就任。



課長からとうとう登りつめましたね。

新聞に載るようなことだろうかと、思いつつも、

社長就任記念で、島耕作を彫ることにしました。



まずは印稿書きです。

島耕作(小篆風)印稿

いわゆる小篆風ですが、安定感を重視して、

字形はなるべく印篆の四角い字を使っています。

岡島の時にも書きましたが、小篆をそのままの字形で入れると、

バランスが難しいためです。
posted by 上野雄一 at 16:27| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。