2012年12月01日

小金(太枠小篆)印影

kogane32.jpg
小金(太枠小篆)13.5mm。

すみません。
忙しくて、更新をサボっていたら12月になってしまいました。

字は説文解字の字形ほぼそのままです。
素朴でなかなかいい感じです。
ちなみに取材していただいた『楽しい漢字 (洋泉社MOOK) 』にもこの印影が載っています。

ご注文いただく文字にもよりますが、こういう字で彫ってくれるお店はなかなかないと思いますので、気に入っていただけたらぜひ上野印房




posted by 上野雄一 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

2012年11月26日

小金(太枠小篆)仕上げ

バランスを見ながら仕上げします。
kogane29.jpg


完全手彫り印鑑と手仕上げ印鑑の上野印房
posted by 上野雄一 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月24日

小金(太枠小篆)墨打ち

粗彫り終了。
kogane25.jpg


墨で書いたり直したりした印面は墨の凹凸があるので、
紙やすりで一旦墨を落とします。
kogane26.jpg

墨を平らに打ち直します。
kogane27.jpg

これを墨打ちといいます。
仕上げ前の状態です。
kogane28.jpg


【参照】手彫り印鑑の出来るまでby上野印房
posted by 上野雄一 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月21日

小金(太枠小篆)粗彫り

粗彫り途中です。

kogane24.jpg

当店の手彫り印鑑には字入れ・粗彫り・仕上げの
作業途中の写真をお付けしています。

手彫りといっても、実際にはほとんどの印章店で機械が使われています。
それでは、手彫りが欲しいというお客様が、知らぬ間に機械で彫った印鑑を買わされている、ということが起こります。

また、そうして安く手彫りと言って販売されたのでは、
本当に手で彫っている人は商売になりません。
ひいては市場に手彫り印鑑が流通しなくなり、
お客様の選択肢から手彫りが消えてしまいます。

残念ながらこの業界には、そうしたことに罪悪感を持たず、業界や自分の都合で、手彫りが欲しいお客様に本当の手彫りが届かなくても構わない、と思っている方が、公共機関から表彰されるほどの立派な経歴をお持ちの職人の中でさえ沢山います。

そういう状況ですので、お客様に明確に分かる形で手彫り印鑑をお届けしたいと思い、この方法を思いつきました。
同様のサービスを行う印章店もいくつか出てきましたが、中には怪しいものもあります。
粗彫り後の写真では、機械で彫刻した可能性が残ります。
手彫りをお求めのお客様は粗彫り途中の写真が付いているお店をお選び下さい。
完全手彫り印鑑は字入れ・粗彫り・仕上げの作業途中の写真をお付けする上野印房
posted by 上野雄一 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

小金(太枠小篆)字入れ終了

はみ出したり、バランスが悪かったりしたところは
朱墨で直して、また書いて、を繰り返し、終了です。
kogane23.jpg

手彫り印鑑と手仕上げ印鑑の上野印房
posted by 上野雄一 at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

小金(太枠小篆)字入れ

下書きを元に印材に字を書きます。
もちろん鏡文字です。
kogane22.jpg



完全手彫り印鑑には字入れ途中の作業写真も付く上野印房へ
posted by 上野雄一 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

小金(太枠小篆)字割り

印面調整した印材に朱墨をぬります。
後で字を書くときに、朱墨で修正するためです。
彫るときに、彫ったところを分かりやすくするためでもあります。

kogane15.jpg


塗った後。
kogane16.jpg

さて字割りです。

まず真ん中を出します。
真ん中だと思う長さに四方から軽くこすり傷をつけます。
kogane17.jpg
すると、真ん中に小さな四角形ができます。
こうすると、中心が見付けやすいのです。

ピンセットを加工したものを使っていますが、
印刀でやる人もいます。

次に枠を書きます。
印材の周囲に沿ってこすり傷をつけます。
今回は太枠なので、やりましたが、
細枠の場合、私は省略します。
kogane18.jpg

中心と枠が出来ました。
kogane19.jpg

次に直角を出す道具を使って中心線を直角に書きます。
kogane20.jpg

出来上がり。
kogane21.jpg


完全手彫り印鑑はごまかしなしの上野印房へ
posted by 上野雄一 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月16日

小金(太枠小篆)印面調整

今回は細かく作業写真を撮ってみました。

まずは何もしていない印材です。
クリックして拡大すると、木目とは違うスジがあるのが分かるでしょうか。
kogane12.jpg

まだ平らではないので、このままだと写りが悪くなってしまいます。
ですので、紙やすりを板に張ったもので印面を平らに整えます。
これを「面すり」と言います。
kogane13.jpg

さて、スジがなくなったでしょうか。
kogane14.jpg


完全手彫り印鑑は業界初の手彫り証拠写真付き【上野印房】
posted by 上野雄一 at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

小金(太枠小篆)印稿

今月は小金と彫ります。
下書きです。
kogane11.jpg


完全手彫り印鑑も手仕上げ印鑑も手書き印影の上野印房
ラベル:印鑑 小金井
posted by 上野雄一 at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。