2011年11月27日

西本幸雄監督

今までたびたび「下手な印鑑を見るのが好き」とか
「上手い下手=良し悪しではない」
というようなことを書いてきましたが、
そんなことを言うはんこ職人はいません。
そのほうが真っ当だと思います。

しかし、なぜかそういう少しダメなものに心引かれる。
思えば子供の頃からそうでした。
その記憶の一番始めにあるのが
近鉄バファローズです。

私はヤクルトスワローズをお膝元にかかえ、
少し先には、かの読売巨人軍がおわします新宿で育ちながら、
なぜか近鉄ファンになってしまったのです。

近鉄は猛牛軍団とか野武士集団とか言われ、
よく言えば個性的、ハッキリ言えばちょっとダメな球団でした。
応援歌がよく物語っています。

『勢いだ つなげ続け ヤマを張り一か八か
そこだ打て 手を出せ バットを振ったらボールは飛ぶ』
そんな野球あります?
草野球じゃありません。プロです。笑

なぜそんな球団を好きになってしまったのか、
それは小学校2年の時でした。
近鉄と広島の日本シリーズ。
そこで見た3色カラーのユニフォームを着た西本幸雄監督の姿です。
かっこいい!
理由はそれだけです。

その姿は今もはっきりと記憶に焼きついています。
ご冥福をお祈りいたします。


posted by 上野雄一 at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこ以外の雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。