2011年03月25日

宇多丸(楷書)字入れ

しばらく中断しておりましたが、
宇多丸さんのはんこを再開します。
印稿は小篆風で書きましたが、
彫るのはまさかの楷書です。
このブログで楷書を彫るのは初めてですね。
正直、楷書はあまりご注文がないので、後回しになってしまいました。
だけど、印鑑条例にもしっかり記載のある書体です。

楷書は右利きで書くように出来てる書体なので、
ただでさえ逆字で書くのは難しい。
なおかつかっちりした書体なので、
ゆがみが目立ちやすい。
他の書体に比べ、やや字入れの難易度が高いです。
utamaru12.jpg


posted by 上野雄一 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 宇多丸(楷書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。