2010年10月14日

田代博一(小篆風)

tashiro_hirokazu18.jpg
田代博一、小篆風、15mm。

小篆風といっても斜めや曲線的な表現は抑えたかなり印篆よりの字形です。
今回の大印展は印篆よりの表現をしようと思ったのですが、これがそもそも攻めてないですね。
こう見るとそんなに悪くはないけど、よく言えば、落ち着いた安定感のあるバランス。悪く言えば、面白みがない感じ。

この課題の一番のポイントは「一」をどう扱うかです。
私は小さめに字を入れましたが、大きめに入れるとかなりバランスが難しい課題だと思います。
枠いっぱいに字を入れた場合、「一」が枠に削られないように上に配置しなくてはなりませんが、すると「一」の下に空間があき、「博一」全体を押し上げて見せてしまうことになります。これは「代」でバランスとるしかないと思いますが、試しにちょっと書いてみましょう。
tashiro_hirokazu01.gif
大雑把な印稿なので、手直ししなくてはならない部分はありますが、だいたいこんな感じかな。
どっちがいいということはありませんが、出品作とすればこちらのイメージで彫るべきでしたね。

以下製作過程です。
tashiro_hirokazu17.jpg

tashiro_hirokazu16.jpg

tashiro_hirokazu15.jpg

tashiro_hirokazu14.jpg

tashiro_hirokazu13.jpg

tashiro_hirokazu12.jpg

tashiro_hirokazu11.jpg


ラベル:実印 小篆風
posted by 上野雄一 at 17:37| Comment(0) | 田代博一(小篆風) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。