2009年11月27日

兼続(行書)印影



兼続、行書、15mm。



第57回大印展「認印・実印の部」で銀賞をいただいたもう一つの印影です。

出品作はほとんど篆書(小篆風)で、古印体が何人かいらっしゃいましたが、さすがに行書で彫ったのは私だけでした。この名前なら行書の斜めが単純に綺麗だと思ったのですが、どうでしょうか。



ちなみに行書のようにはっきり読める書体で真横にすると、印鑑は右から読むように彫るので、読みにくくなってしまいます。縦か斜めがいいと思います。


posted by 上野雄一 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 兼続(行書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。