2009年11月12日

直江山城守(小篆風)印影



直江山城守、15mm、小篆。



第57回大印展「認・実印の部」の実印の課題です。

ありがたいことに銀賞をいただいたわけですが、ここで彫っている他の印鑑を見ていただければ、普段の仕事と変わらないことがお分かりいただけると思います。出品作だけ特別に力を入れているわけではありません。やはり普段このブログでやっていること、重圧を感じながらお客様の印鑑を彫っていることが、身になっているのだと感じます。本当に感謝です。



ただもちろん自分にも足りない部分がたくさんあるわけで、自分を見つめなおすいい機会です。他の方の作品と見比べたりして、足りなかった部分は何かと考えると、線の強弱が足りなかったのかと思います。小篆風というと、一律に縦画は細く横画は太くするのが機械的な気がして好きになれず、意図的にあまり縦画が細くならないようにしたのですが、それでももう少しどこかで強弱は付けてもいいと思いました。全体のバランス、線の流れに関しては、自分で言うのもなんですが、なかなかの出来だと思います。



全体的に気を付けたのは、窮屈なところがでないように、線が流れるように、です。

特に「直」が枠にぶつかるところと、「山城守」と3文字になるところは窮屈になりやすいので、気を付けました。あと、「直」の「L」のところや、サンズイ、「城」の「戈」は伸びやかさを表現する見せ場なので、寸詰まりにならないように注意しました。しかし、他の方の作品を見ていてこのへんはあまり審査を左右しないように感じました。全体的なバランスよりも仕上げの仕方に比重があるようです。



それから「城」の真ん中の縦画を下のウカンムリの真ん中にぶつけるか避けるかで迷ったので、避けてる人がいれば参考にしたいと思っていたのですが、ほとんどの人が避けてて驚きました。少数派だったようです。



こういう展覧会も面白いですが、マイナス面も感じました。自分が上に行かないと悔しいので、次はどうしたら賞を獲れるかばかり考えてしまっていたのです。出品作が同じようなものばかりになるのはこのためでしょう。賞よりも、あくまで自分を高めることが重要です。自戒の念を込めて。


posted by 上野雄一 at 19:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 直江山城守(小篆風) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは
nil流れで来ました
なので印鑑の事については全くの素人で申し訳ありません

同級生が陰ながら応援してくれている事を知ったら喜ぶんじゃないかなと思い
コメントせずにいられませんでした

いつか本人に手渡せる日が来ると良いですね

これからも頑張って下さいね
Posted by さや at 2010年08月19日 10:50
さやさん、コメントありがとうございます。
今回のアルバムは気に入ってて、同級生とか関係なく普通にヘビーローテンションで聞いてます。
勝手に名前つかっちゃってどうかとは思ったんですけど、こうして繋がりが出来るんだから面白いですね。
本人に手渡す・・・・うーん、なんか気持ち悪いなぁ(笑)
Posted by 上野雄一 at 2010年08月19日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。