2008年10月29日

田場裕也(細篆書)印影



田場裕也、細篆書、16.5mm



細篆書ですが、印篆ではなく小篆の字形を使って、少しデザイン的にしました。

画数の多い文字と少ない文字が混ざっていて、バランスが難しいので、思い切ってバランスを崩すように書きました。その分、丸みのある字形と、太枠で全体的なバランスを心がけました。

このような思い切ったバランスをとるのに、太枠細篆書は向いていると思います。

彫刻機が普及する前、手彫りしかない時代は、細篆書が多かったようです。


posted by 上野雄一 at 18:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 田場裕也(細篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
友達から聞いて、このサイトにたどり着きました。

凄く綺麗で、素晴らしいです。

ぜひ、譲って欲しいです。

メールいただけたら幸いです。

宜しくお願いします。
Posted by 田場裕也 at 2010年08月19日 10:28
コメントありがとうございます。
メールをお送りいたしましたので、ご確認下さい。
よろしくお願いします。
Posted by 上野雄一 at 2010年08月19日 10:28
いつ見ても素晴らしい作品ですね。

こんな感じでとお願いしたら可能なのでしょうか。
Posted by 卓爾 at 2010年08月19日 10:45
ありがとうございます。
特にこの印はこの名前特有の字画によるところが大きいので、同じような雰囲気になるかは難しいところですが、まずご希望に沿うよう努力いたします。それでも難しいようでしたら、ご相談の上、こちらから別の提案をさせていただくこともございます。
Posted by 上野雄一 at 2010年08月19日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。