2008年04月28日

島耕作(行書古印体)印影

島耕作(行書古印体)印影

島耕作、15mm丸、行書古印体。



行書は、少し流すように書いた書体です。

古印体は、古い印鑑のような雰囲気を表現した書体です。

ふつう古印体は、隷書をもとにして書くことが多いですが、

それを行書で書きました。



この書体を選んだのは、姓と名が1字と2字、というのが大きいです。

隷書はもともと扁平ぎみの書体ですので、縦長には使わない方が無難です。

古印体は、必ずしもその限りではありませんが、

「耕作」がわりと画数が多いので、「島」が間延びしそうな感じがします。

そのような場合、行書古印体、草書古印体は、有効なことが多いです。



姓名が1字と2字の場合、もちろん篆書系の書体は無難ですが、

この書体も面白いと思います。


posted by 上野雄一 at 11:35| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。