2008年04月02日

島耕作(小篆風)印稿1

新聞を見ていたら、少し変わったニュースが目に留まりました。



島耕作、社長就任。



課長からとうとう登りつめましたね。

新聞に載るようなことだろうかと、思いつつも、

社長就任記念で、島耕作を彫ることにしました。



まずは印稿書きです。

島耕作(小篆風)印稿

いわゆる小篆風ですが、安定感を重視して、

字形はなるべく印篆の四角い字を使っています。

岡島の時にも書きましたが、小篆をそのままの字形で入れると、

バランスが難しいためです。


posted by 上野雄一 at 16:27| Comment(0) | 島耕作(行書古印体) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。