2007年07月18日

上野雄一(小篆)1

一回目ですので、自分の名前を彫りたいと思います。

書体は、「小篆(しょうてん)」です。



私の名前は「上野雄一」ですが、

非常にバランスの取りにくい名前です。



一番の問題は、「一」です。

画数の多い文字が大変だというのは、想像できると思いますが、

実は、画数の少ない文字も嫌なのです。

理由は、空間が埋まらないからです。

彫るのは楽だけど、バランスが取りにくい。

その中でも、「一」は別格です。

ただの一本線ですから、バランスの取りようがありません。



そこで、通常は下のような字画を使うことが通例となっています。



左下の字ですね。

このように字画を折りたたむと、バランスをとりやすくなります。



しかし、今回はあえて一本線の「一」で彫ってみます。

こういうチャレンジができるのは、

売り物でない印鑑を彫るメリットです。


posted by 上野雄一 at 14:01| Comment(0) | 上野雄一(小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。