2013年02月28日

山田彩人(太枠篆書)印影

yamada_ayato18.jpg
山田彩人(太枠篆書)15mm。

全体的に画数が少ないので、
印篆的な字形を使いながら、
丸みのある小篆的な雰囲気にしています。

あまり綺麗に仕上げすぎないようにしましたが、
パッと見はあまり分かりませんね。
拡大すると、そんなに綺麗に仕上げていないのが分かると思いますが、やはり私も綺麗に彫ってしまうクセがついてしまっているんですね。

つねづね字がよく入っていたら、
細かいところはどうでもいいんじゃないかと思っていて、
もっと言うと、多少ムラがあったほうが感じがいいというか、手彫りらしいというか・・・

もちろんお客様のご要望次第ですので、
綺麗に仕上げすることが悪いのではありませんが、
それだけが正しいとは思えないのです。

今の競技会でやっているような、
全部なめるようにつるつるに仕上げるやり方は、
本当に手彫りがやるべきことなのか。

そもそも不規則な線が出て、唯一無二のものが出来るから、
はんこが個の証明として機能しているわけで、
より不規則な線が出るほうが唯一無二性が高まりますし、
単純に面白さが増すと思うのです。

このへんは特に同業者には全く理解されないのですが、
彫刻機が普及する以前の競技会・展覧会は、
綺麗に仕上げることだけをよしとはしていなかったように思うのです。

では、それ以上に重点を置いていた評価すべきものは何なのか、
そこは今一度考えてみてもいいのではないでしょうか。


posted by 上野雄一 at 18:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 山田彩人(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

山田彩人(太枠篆書)仕上げ

yamada_ayato16.jpg
先日、小金井の里という商工会でやっているホームページで上野印房を紹介していただけるというので、取材を受けました。
そのときこのはんこを彫っているところだったので、このあたりの写真も使われるんじゃないかと思います。
紹介されたら、リンクを貼りますね。
posted by 上野雄一 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田彩人(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

2013年02月22日

2013年02月20日

2013年02月19日

2013年02月18日

山田彩人(太枠篆書)字入れ

今月は・・・先月分になりますが、山田彩人さんを彫ります。
yamada_ayato11.jpg
posted by 上野雄一 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田彩人(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

山田彩人

今月は山田彩人さんの名前を彫ります。
前にも紹介しましたが、知人の小説家です。
気が付きませんでしたが、昨年2作目が出版されてます。

えーと・・・まだ読んでません。
前作に出てきた探偵を主人公にしたスピンオフ的な作品なのかな。
シリーズ化?
前作面白かったので、仕事が落ち着いたら、読みます。

さらに来月また一冊出るみたいです。

ミステリーやライトノベル、小説にご興味ある方はぜひ。
posted by 上野雄一 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田彩人(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。