2012年12月30日

結衣(太枠篆書)印影

yui12.jpg
結衣(太枠篆書)12mm。

取材の20分前から字入れを始めて、取材を受けながら記者さんとカメラマンさんの前で彫ったので、あまり細かいバランスなどは気にしている時間はありませんでした。
ですが、素朴さと繊細さが入り混じって、案外いい感じになってます。
むしろ手彫りらしい感じさえします。

私を含めてはんこ職人はどうしても綺麗に仕上げる方向に行きがちですが、線の滑らかさや整っていることよりも、字の格好よさや全体の雰囲気に主眼をおいたほうがいいように思います。ただそれはかなり難しいことで、私も楽な方向に流れてしまいがちです。

こちらからすると下書きと違ってはいけないと思ってしまうので、
荒っぽくとか素朴な感じは出しにくくなります。
多少のことは気にせず、即興感を大事にしたほうがいいものが出来る場合が多いし、お客様にも喜ばれるような気がします。
しかし、下書きの段階でかなり細かくご指定いただく場合には、そういうことは出来なくなります。
難しいですね。

お客様の目の前で彫るというのもいいかもしれません。
今回の取材は2時間くらいかかりました。
画数が多い場合や象牙はもっとかかるでしょうから、お客様が退屈してしまうかもしれませんが・・・


今回、作業工程の写真を1枚しかご覧いただけず、申し訳ございません。
武蔵小金井Walker にはプロのカメラマンさんに撮っていただいた写真で作業工程が載っています。
ご興味ございましたら、ぜひ。
私としても小金井に引っ越したばかりなので、読者として助かっています。
新小金井街道はラーメン街道としてもともと有名ですし、
古くからの洋食屋さんも沢山あるようなので、ぜひ行ってみたくなりました。


posted by 上野雄一 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 結衣(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

結衣(太枠篆書)字入れ

今月は『武蔵小金井Walker』の取材で彫ったはんこです。
2ヶ月続けて取材のはんこで代用するなんていかがなものかですが、忙しい時期でもありましてご勘弁下さい。
さらにこのはんこは取材を受けながら彫ったので作業工程の写真が、取材直前に慌てて字入れだけやっておこうとしたこの一枚しかありません。併せてご勘弁ください。
yui11.jpg
名前は今年の名前ランキング女の子の1位になった「結衣」です。
posted by 上野雄一 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 結衣(太枠篆書) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

武蔵小金井Walker

先日、楽しい漢字 (洋泉社MOOK) の取材を受けたと書きましたが、珍しいことは重なるものでまた取材を受けた本が発売されました。
地元「武蔵小金井」を紹介した『武蔵小金井Walker』です。

「大人の社会科見学」というコーナーで上野印房を紹介していただきました。
有難いことに、まるまる1ページ使って手彫り印鑑の出来る工程が紹介されています。

取材自体、滅多にないのに、取材を受けながら手彫りするのは初体験です。
その場で彫っているところを、写真に撮っていただきました。
当たり前ですが、記事も写真も私とはレベルが違います。笑

地元の方しか興味はないかもしれませんが、
このブログとはレベルの違う写真と記事をご覧いただくのも一興かと。

posted by 上野雄一 at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 店舗お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

小篆・印篆・小篆風印篆

何度か説明してきましたが、言葉だけだと分かりにくいので、同じ文字で見比べていただくと分かりやすいかと思います。
左から小篆・印篆・小篆風印篆です。
みな「小金」という文字で書いてあります。
バランスの関係で小篆だけ太枠にしてありますが、
あくまで文字だけで比べてください。

kokin01.gif

簡単に説明すると、
もともと「小篆」が出来ます。
それをハンコ用に四角くしたのが「印篆」。
その印篆を線質表現で小篆風に(筆で書いたように)見せたのが小篆風印篆。

今回は分かりやすくはっきりした印篆の字形を使いましたが、
小篆の字形でバランスよく出来る事もあるので、
小篆と小篆風印篆の境界はあいまいです。

この小篆風印篆って回りくどくて紛らわしい呼び方なので、
何かいい言い回しがないですかね。
例えば・・・、「筆印篆」とか、考案者の名前を取って「瑞雲篆書」とか。

posted by 上野雄一 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | はんこの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

小金(太枠小篆)印影

kogane32.jpg
小金(太枠小篆)13.5mm。

すみません。
忙しくて、更新をサボっていたら12月になってしまいました。

字は説文解字の字形ほぼそのままです。
素朴でなかなかいい感じです。
ちなみに取材していただいた『楽しい漢字 (洋泉社MOOK) 』にもこの印影が載っています。

ご注文いただく文字にもよりますが、こういう字で彫ってくれるお店はなかなかないと思いますので、気に入っていただけたらぜひ上野印房


posted by 上野雄一 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金(太枠小篆) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。